オンラインで 言語 を学ぶ
previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  71-80  | Free Android app | Free iPhone app

Home  >   50カ国語   >   日本語   >   韓国語   >   目次


75 [七十五]

何かを理由付ける 1

 


75 [일흔다섯]

이유 말하기 1

 

 

 テキストをクリックしてください! arrow
  
あなたはなぜ来ないのですか?
天気が悪すぎるので。
天気が悪いので行きません。
 
 
 
 
彼はなぜ来ないのですか?
彼は招待されていないので。
彼は招待されてないので来ません。
 
 
 
 
あなたはなぜ来ないのですか?
時間がないので。
時間がないので、行きません。
 
 
 
 
なぜあなたは残らないのですか?
まだ仕事があるので。
まだ仕事があるので、残りません。
 
 
 
 
あなたはなぜもう帰るのですか?
眠いので。
眠いので、帰ります。
 
 
 
 
あなたはなぜもう帰るのですか?
もう夜遅いので。
もう夜遅いので、帰ります。
 
 
 
 
 

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  71-80  | Free Android app | Free iPhone app

母国語=感情的、外国語=合理的?

外国語を勉強すると、脳の働きを促進する。学習によって、我々の考えは変わる。よりクリエイティブでフレキシブルになる。複雑な考えも、多言語話者にとっては簡単だ。学習する際、記憶は鍛えられる。たくさん勉強すればするほど、記憶はより機能する。言語をいくつ学んだ人は、他のことも早く学べる。そういった人は、ひとつのテーマをより長時間集中して熟考することができる。そのため、問題を早く解決する。多言語話者はまた、よりよい決断をすることができる。しかし、どのように決断するかは言語による。考えるときに使う言語が、決断に影響するのである。心理学者たちはある研究のため、何人もの被験者を検査した。被験者は全員、二カ国語話者だった。母国語の他に、彼らはもうひとつ他の言語を話した。被験者たちは質問に答えなければならなかった。質問では、問題の解決法が取り扱われた。被験者たちはその際、二つのオプションから決断しなくてはならなかった。ひとつめのオプションは、他方よりも明らかにリスクが大きい。被験者たちは質問に、両方の言語で答えた。そして、彼らが言語を変えると、答えも変わったのである!母国語を話すと、被験者はリスクを選択した。しかし外国語では、確実な方法を選んだ。この実験のあと、彼らはさらに賭けをしなければならなかった。ここでもまた明らかな違いが示された。外国語を使うと、彼らはより理性的だった。研究者たちは、我々が外国語ではより集中していると推測する。そのため、感情的に決断をせず、合理的になるのである・・・。

あなたの語学知識をフリータイム、海外旅行、仕事のために広げましょう!

イタリア語はロマン言語族に属します。 つまり、ラテン語から派生したということになります。 約7000万人にとってイタリア語は母国語です。 その大部分がイタリアで暮らしています。 しかしスロベニアとクロアチアでもイタリア語は理解されます。 植民政策によって、かつてはアフリカにも伝わりました。 リビア、ソマリア、エリトリアでは現在でも多くの年配の人たちがイタリア語を理解します。 多くの移住民もこの言語を新たな故郷に伝えました。

とりわけ南米には多くのイタリア語の自治体が存在します。 イタリア語はしばしばそこで、スペイン語と混ざり新しい言語を生み出しました。 イタリア語の特徴は、多くの異なる方言です。 一部の学者はその際、それどころか独自の言語を話します。 イタリア語の正書法は難しくなく、発音通りです。 多くの人にとって、イタリア語は世界で最も美しい言語です! おそらく、音楽、デザイン、美味しい料理の言語でもあるからではないでしょうか?

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  71-80  | Free Android app | Free iPhone app

 

Downloads are FREE for private use, public schools and for non-commercial purposes only!
LICENCE AGREEMENT. Please report any mistakes or incorrect translations here.
© Copyright 2007 - 2015 Goethe Verlag Starnberg and licensors. All rights reserved.
Contact
book2 日本語 - 韓国語 初心者用