オンラインで 言語 を学ぶ
previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  81-90  | Free Android app | Free iPhone app

Home  >   50カ国語   >   日本語   >   マラーティー語   >   目次


83 [八十三]

過去形 3

 


८३ [त्र्याऐंशी]

भूतकाळ ३

 

 
電話する
टेलिफोन करणे
ṭēliphōna karaṇē
電話した。
मी टेलिफोन केला.
mī ṭēliphōna kēlā.
ずっと電話していた。
मी संपूर्ण वेळ टेलिफोनवर बोलत होतो. / होते.
Mī sampūrṇa vēḷa ṭēliphōnavara bōlata hōtō. / Hōtē.
 
 
 
 
質問する
विचारणे
Vicāraṇē
質問した。
मी विचारले.
mī vicāralē.
いつも質問した。
मी नेहेमीच विचारत आलो.
Mī nēhēmīca vicārata ālō.
 
 
 
 
語る
निवेदन करणे
Nivēdana karaṇē
語った。
मी निवेदन केले.
mī nivēdana kēlē.
お話すべてを語った。
मी पूर्ण कहाणी निवेदन केली.
Mī pūrṇa kahāṇī nivēdana kēlī.
 
 
 
 
学ぶ
शिकणे / अभ्यास करणे
Śikaṇē/ abhyāsa karaṇē
学んだ。
मी शिकले. / शिकलो.
mī śikalē. / Śikalō.
一晩中勉強した。
मी संपूर्ण संध्याकाळभर अभ्यास केला.
Mī sampūrṇa sandhyākāḷabhara abhyāsa kēlā.
 
 
 
 
働く
काम करणे
Kāma karaṇē
働いた。
मी काम केले.
mī kāma kēlē.
一日中働いた。
मी पूर्ण दिवस काम केले.
Mī pūrṇa divasa kāma kēlē.
 
 
 
 
食べる
जेवणे
Jēvaṇē
食べた。
मी जेवलो. / जेवले.
mī jēvalō. / Jēvalē.
料理を全部食べた。
मी सर्व जेवण जेवलो. / जेवले.
Mī sarva jēvaṇa jēvalō. / Jēvalē.
 
 
 
 
 

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  81-90  | Free Android app | Free iPhone app

言語学の歴史

言語は人をつねに惹きつけてきた。そのため言語学の歴史は非常に長い。言語学は言語への組織的な取り組みである。すでに何千年も前に人々は言語について考えをめぐらせていた。その際に様々な文化が様々なシステムを発展させた。そうして異なる言語の記述が生まれた。今日の言語学は、特に古代の理論にもとづいている。特にギリシャでは、多くの伝統が根拠付けられた。もっとも古い言語の作品はしかし、インド発だ。それは約3000年前、文法学者のサカタヤナによって書かれた。古代では、プラトンなどの哲学者たちが言語に取り組んでいた。ローマ時代の作家はあとからさらに彼らの理論を展開した。アラブ人も8世紀に独自の伝統を発展させた。彼らの作品は、すでにアラブ語の詳しい記述を示している。最近では、特に言語がどこからきたのかが研究されている。教える側は特に、言語の歴史に関心を抱いている。18世紀には言語を相互比較することがはじまった。そうして言語がどう発達していったかを理解しようとしたのである。その後、今度はシステムとしての言語が集中された。どう言語が機能するかという疑問が中心だった。今日では、言語学のなかでも多くの方向性が存在している。ここ50年来、多くの新しい規律が発展している。これらは部分的に他の学問から強い影響を受けている。たとえば、心理言語学や異文化コミュニケーションである。言語学の新しい方向性は、非常に特殊化している。ここでの例は、フェミニズム言語学だ。言語学の歴史はつまり続いていく・・・。言語があるかぎり、人間はそれについて熟考するのである!

あなたの語学知識をフリータイム、海外旅行、仕事のために広げましょう!

マラーティー語はインドイラン言語族に属します。 それは西インドおよび中央インドで話されています。 マラーティー語は7000万人以上の母国語です。 それによって、世界で最も話されている20言語の一つに数えられます。 マラーティー語は7000万人以上の母国語です。はヒンディー語に使われるのと同じ文字で書かれます。 これらの一つ一つの文字が、それぞれの音韻を意味するのです。 12の母音と36の子音があります。 数字はかなり複雑です。

1から100までは、各数字に独自の言葉があります。 そのため、各数字をそれぞれ勉強しなくてはなりません。 マラーティー語は42の異なる方言に分かれています。 それらはすべて、この言語の発展について多くを語っています。 マラーティー語のさらなる特徴は、その長い文学的な伝統です。 1000年以上もまえのテキストが存在するのです。 インドの歴史に興味がある人は、マラーティー語に取り組むべきです!

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  81-90  | Free Android app | Free iPhone app

 

Downloads are FREE for private use, public schools and for non-commercial purposes only!
LICENCE AGREEMENT. Please report any mistakes or incorrect translations here.
© Copyright 2007 - 2016 Goethe Verlag Starnberg and licensors. All rights reserved.
Contact
book2 日本語 - マラーティー語 初心者用