オンラインで 言語 を学ぶ
previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  31-40  | Free Android app | Free iPhone app

Home  >   50カ国語   >   日本語   >   フィンランド語   >   目次


35 [三十五]

空港で

 


35 [kolmekymmentäviisi]

Lentokentällä

 

 

 テキストをクリックしてください! arrow
  
アテネ行きの便を予約したいのですが。
直行便ですか?
窓際、禁煙席をお願いします。
 
 
 
 
予約の確認をお願いしたいのですが。
予約の取り消しをお願いします。
予約の変更をお願いします。
 
 
 
 
次のローマ行きは何時ですか?
まだ二席空いてますか?
いえ、あと一席しかありません。
 
 
 
 
到着はいつですか?
何時につきますか?
都心へのバスは何時ですか?
 
 
 
 
これはあなたのスーツケースですか?
これはあなたの鞄ですか?
これはあなたの荷物ですか?
 
 
 
 
荷物はどれくらい持っていけますか?
20キロです。
えっ、たったの20キロですか?
 
 
 
 
 

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  31-40  | Free Android app | Free iPhone app

学習は脳を変化させる

スポーツをたくさんする人は、身体を形づくる。しかし、脳を鍛えることも明らかに可能である。つまり、言語をよく勉強したければ、必要なのは才能だけではない。定期的に練習することは同じくらい重要だ。というのは、練習は脳内の構造にポジティブに影響する。もちろん特別な言語に対する才能はほとんど生まれ持ったものだ。しかし集中的なトレーニングは決まった脳構造を変えることができる。言語中枢のボリュームは増えていく。多く練習を積んだ人間の脳細胞も増加していく。長いこと脳は変えられないと信じられてきた。我々が子供の時学ばなかったことは、永久に学べないと言われていた。脳科学者たちはしかし、まったく違った結論へたどりついた。彼らは、我々の脳は生涯柔軟であると示すことができたのだ。それは筋肉のように機能しているといえる。そのため、高齢まで構築されることが可能だ。どんなインプットも脳内で処理される。鍛えられれば、脳はインプットをさらによく処理する。つまり、より早く効率的に働くのである。この原則は、若者でも高齢者でも同様だ。しかし脳をトレーニングすることを、絶対に学ばなければならない。読むこともまたとても良い練習になる。特に高度な文学は、言語中枢を促進する。つまり語彙を増やすということだ。さらに我々の言語に対する感情を改善する。興味深いのは、言語中枢だけが言語を処理するのではないということだ。運動学がつかさどる部分も、内容を処理している。そのため、できるだけひんぱんに脳全体を刺激することが大切だ。ようするに、身体を、そして脳を動かしなさい!

あなたの語学知識をフリータイム、海外旅行、仕事のために広げましょう!

ポルトガル語はロマン言語に属します。 スペイン語、カタロニア語と近い関係にあります。 ローマ兵士の古代ラテン語から発展しました。 約1000万人がヨーロッパのポルトガル語を母国語としています。 しかしそれは、最重要な世界言語の一つでもあります。 それはポルトガルの植民地保有国としての過去によるものです。 15世紀と16世紀、この船乗り国家は他の大陸にその言語をもたらしました。 アフリカとアジアの一部では、現在でもまだポルトガル語が話されています。

該当国は言語的に最もヨーロッパの手本をベースにしています。 ブラジルでは違います。 そこで話される言語はいくつかの特徴を示し、独自のバリエーションとみなされています。 それでもなお、ポルトガル人はブラジル人と基本的にはよく理解し合うことができます。 世界中では、合計で2億4000万人以上がポルトガル語を話します。 それ以外にも、ポルトガル語をベースにした約20のクレオール言語があります。 ポルトガル語は今日、世界言語の一つなのです。

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  31-40  | Free Android app | Free iPhone app

 

Downloads are FREE for private use, public schools and for non-commercial purposes only!
LICENCE AGREEMENT. Please report any mistakes or incorrect translations here.
© Copyright 2007 - 2015 Goethe Verlag Starnberg and licensors. All rights reserved.
Contact
book2 日本語 - フィンランド語 初心者用