オンラインで 言語 を学ぶ
previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  81-90  | Free Android app | Free iPhone app

Home  >   50カ国語   >   日本語   >   スロベニア語   >   目次


85 [八十五]

質問―過去形1

 


85 [petinosemdeset]

Vprašanje – preteklost 1

 

 

 テキストをクリックしてください! arrow
  
どれくらい飲んだのですか?
どれくらい働いたのですか?
どれくらい書いたのですか?
 
 
 
 
どうやって寝ましたか?
どうやって試験に合格したのですか?
どうやって道を見つけたのですか?
 
 
 
 
誰と話したのですか?
誰と待ち合わせをしたのですか?
誰と誕生日を祝ったのですか?
 
 
 
 
どこにいたのですか?
どこに住んでいたのですか?
どこで働いていたのですか?
 
 
 
 
何を薦めたのですか?
何を食べましたか?
あなたは何を知りにきたのですか?
 
 
 
 
どれぐらい速く運転したのですか?
飛行時間はどれくらいでしたか?
どれくらい高くジャンプしましたか?
 
 
 
 
 

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  81-90  | Free Android app | Free iPhone app

アフリカの言語

アフリカでは非常にたくさんの異なる言語が話されている。それほど多くの異なる言語が話される大陸は他にない。アフリカの言語の多彩さは非常に印象深い。約2000のアフリカの言語が存在すると推測される。しかしこのすべての言語は似ていない!まったくその逆で、しばしばそれらはまったくもって異なっている!アフリカの言語は4つの異なる言語族に属している。いくつかのアフリカの言語は世界中に独自の特徴をもっている。たとえば、外国人が真似できない音がある。アフリカでは国境が常に言語的境界とは限らない。いくつかの地方では、非常に多くの異なる言語が話される。たとえば、タンザニアでは4つすべての言語族からの言語が話されている。アフリカの言語での例外は、アフリカーンス語がつくっている。この言語は植民地時代に発生した。当時、様々な大陸からの人々が出会った。彼らはアフリカ、ヨーロッパ、アジアからきていた。このコンタクト状況を通じて、新しい言語が発達した。アフリカーンス語は多くの言語からの影響を示している。しかしこの言語は、オランダ語ともっとも近い関係にある。今日では、アフリカーンス語は南アフリカとナンビアで話される。非常にめずらしいアフリカの言語は、太鼓の言語だ。太鼓によって、基本的にはどのメッセージも送られる。太鼓によって伝える言語は、トーン言語だ。単語の意味または音節は、音の高さによる。つまり、音は太鼓によって真似されなくてはならない。太鼓の言語はアフリカで子どもも理解する。そしてそれは非常に効率的だ・・・。12kmまで太鼓の言語は聞こえるのである!

あなたの語学知識をフリータイム、海外旅行、仕事のために広げましょう!

オランダ語は西ゲルマン語群に属します。 つまり、ドイツ語と英語の親戚関係ということになります。 約2500万人にとって、オランダ語は母国語です。 その大部分がオランダとベルギーで暮らしています。 しかし、インドネシアとスリナムでもオランダ語が話されています。 それはオランダがかつて植民地を持っていたからです。 そうしてオランダ語は異なるクレオール言語の基礎を築きました。 南アフリカのアフリカーンス語も、オランダ語から発生しました。

それは最も若いゲルマン言語族の仲間です。 オランダ語の特徴としては、他の言語からきている多くの単語です。 特にフランス語はかつて非常に大きな影響を与えました。 ドイツ語の単語もしばしば取り入れられています。 ここ何世紀かは、英語の単語がどんどん取り入れられています。 そのため、一部ではオランダ語が将来消滅してしまうのではと恐れているのです。

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  81-90  | Free Android app | Free iPhone app

 

Downloads are FREE for private use, public schools and for non-commercial purposes only!
LICENCE AGREEMENT. Please report any mistakes or incorrect translations here.
© Copyright 2007 - 2015 Goethe Verlag Starnberg and licensors. All rights reserved.
Contact
book2 日本語 - スロベニア語 初心者用