オンラインで 言語 を学ぶ
previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  81-90  | Free Android app | Free iPhone app

Home  >   50カ国語   >   日本語   >   マラーティー語   >   目次


84 [八十四]

過去形 4

 


८४ [चौ-याऐंशी]

भूतकाळ ४

 

 
読む
वाचणे
vācaṇē
読んだ。
मी वाचले.
mī vācalē.
小説全編を読んだ。
मी पूर्ण कादंबरी वाचली.
Mī pūrṇa kādambarī vācalī.
 
 
 
 
理解する
समजणे
Samajaṇē
理解した。
मी समजलो. / समजले.
mī samajalō. / Samajalē.
テキスト全部を理解した。
मी पूर्ण पाठ समजलो. / समजले.
Mī pūrṇa pāṭha samajalō. / Samajalē.
 
 
 
 
答える
उत्तर देणे
Uttara dēṇē
答えた。
मी उत्तर दिले.
mī uttara dilē.
全部の質問に答えた。
मी सगळ्या प्रश्नांची उत्तरे दिली.
Mī sagaḷyā praśnān̄cī uttarē dilī.
 
 
 
 
それを知っている―それを知っていた。
मला ते माहित आहे – मला ते माहित होते.
Malā tē māhita āhē – malā tē māhita hōtē.
それを書く―それを書いた。
मी ते लिहितो / लिहिते – मी ते लिहिले.
Mī tē lihitō/ lihitē – mī tē lihilē.
それを聞く―それを聞いた。
मी ते ऐकतो / ऐकते – मी ते ऐकले.
Mī tē aikatō/ aikatē – mī tē aikalē.
 
 
 
 
それを取る―それを取った。
मी ते मिळवणार. – मी ते मिळवले.
Mī tē miḷavaṇāra. – Mī tē miḷavalē.
それを持ってくる―それを持ってきた。
मी ते आणणार. – मी ते आणले.
Mī tē āṇaṇāra. – Mī tē āṇalē.
それを買う―それを買った。
मी ते खरेदी करणार – मी ते खरेदी केले.
Mī tē kharēdī karaṇāra – mī tē kharēdī kēlē.
 
 
 
 
それを期待する―それを期待した。
मी ते अपेक्षितो. / अपेक्षिते. – मी ते अपेक्षिले होते.
Mī tē apēkṣitō. / Apēkṣitē. – Mī tē apēkṣilē hōtē.
それを説明する―それを説明した。
मी स्पष्ट करुन सांगतो. / सांगते. – मी स्पष्ट करुन सांगितले.
Mī spaṣṭa karuna sāṅgatō. / Sāṅgatē. – Mī spaṣṭa karuna sāṅgitalē.
それを知っている―それを知っていた。
मला ते माहित आहे – मला ते माहित होते.
Malā tē māhita āhē – malā tē māhita hōtē.
 
 
 
 
 

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  81-90  | Free Android app | Free iPhone app

ネガティブな単語は母国語に訳されない

読むとき、多言語話者は無意識に母国語に訳している。これは自動的に起こり、読んでいる人は気づいていない。脳は同時通訳者のように機能するといえるだろう。しかしすべてを訳すわけではない!ある研究が、脳は内蔵フィルターをもっていることを示した。このフィルターは、何が訳されるかを決定する。そして、フィルターは決まった単語を無視しているかのようにみえる。ネガティブな言葉は母国語に訳されないのである。実験のために、研究者たちは中国語の母国語話者を選択した。被験者たちは全員、英語を第二言語として話す。被験者たちは複数の英語の単語を評価した。これらの単語は異なる感情的内容をもつ。ポジティブ、ネガティブ、そしてニュートラルな概念だ。被験者たちが単語を読む間、彼らの脳が検査された。つまり、研究者たちは脳の活動を測定した。そうして彼らは、どのように脳が働いているかを知ることができた。単語の翻訳の際には、決まったシグナルが発生する。それは脳がアクティブであることを示している。ネガティブな単語では、被験者たちは活動を示さなかった。ポジティブまたはニュートラルな単語だけが訳されていた。なぜそうなのかは、研究者たちにもまだわかっていない。理論的には、脳はすべての単語を同じように処理するべきだ。しかしこのフィルターがどの単語も点検していることはありえる。二つ目の言語が読まれている間も、それが分析された。単語がネガティブであると、記憶はブロックされる。そうして母国語の単語に助けを求めることができなくなる。人は非常に繊細に言葉に反応できる。おそらく脳は人を感情的ショックから守りたいのであろう・・・。

あなたの語学知識をフリータイム、海外旅行、仕事のために広げましょう!

マケドニア語は約200万人の母国語です。 南スラブ言語族に属します。 ブルガリア語とは最も近い関係になります。 両言語の話者は、問題なく会話をすることができます。 書き言葉では、この両言語はかなり大きく異なります。 マケドニアには常に多くの異なる民族グループがいました。 それはもちろん、国語にも現れています。 この言語は多くの他の言語の影響を受けました。

特に隣国セルビアは、長期にわたってマケドニア語に影響を与えました。 語彙は多くのロシア語、トルコ語、英語の概念を含んでいます。 このように多大な言語的な多様性がある国は、それほど多くありません。 そのため、マケドニア語は独立した言語として認められるまで長くかかりました。 マケドニア文学も、その状況にとても悩まされました。 しかし、そうこうしているうちにマケドニア語は標準言語として確定しました。 そして、それによってマケドニアのアイデンティティの重要な一部分となっているのです。

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  81-90  | Free Android app | Free iPhone app

 

Downloads are FREE for private use, public schools and for non-commercial purposes only!
LICENCE AGREEMENT. Please report any mistakes or incorrect translations here.
© Copyright 2007 - 2016 Goethe Verlag Starnberg and licensors. All rights reserved.
Contact
book2 日本語 - マラーティー語 初心者用