オンラインで 言語 を学ぶ
previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  11-20  | Free Android app | Free iPhone app

Home  >   50カ国語   >   日本語   >   イタリア語   >   目次


13 [十三]

仕事

 


13 [tredici]

Attività

 

 

 テキストをクリックしてください! arrow
  
マルタは何をしていますか?
彼女はオフィスで働いています。
彼女はコンピューターで仕事をしています。
 
 
 
 
マルタはどこですか?
映画館にいます。
彼女は映画を見ています。
 
 
 
 
ピーターは何をしていますか?
彼は大学で勉強しています。
彼は言語を勉強しています。
 
 
 
 
ピーターはどこですか?
カフェにいます。
彼はコーヒーを飲んでいます。
 
 
 
 
彼らはどこへ行くのが好きですか?
コンサートです。
彼らは音楽を聴くのが好きです。
 
 
 
 
彼らは行くのが嫌いなところはありますか?
ディスコです。
彼らはダンスは好きではないのです。
 
 
 
 
 

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  11-20  | Free Android app | Free iPhone app

クレオール言語

南洋でもドイツ語が話されていると、あなたは知っている?そのとおり、本当だ。パプア・ニューギニアの一部とオーストラリアでは”我々のドイツ語”を話す。それはクレオール言語である。クレオール言語は言語のコンタクト状況から発生する。ようするに、複数の異なる言語が顔を合わせる。多くのクレオール言語はそうこうしているうちにほとんど消滅してしまった。しかし世界ではまだ1500万人の人々がクレオール言語を話している。クレオール言語は常に母国語だ。ピジン言語においては違う。ピジン言語は非常に縮小された言語フォームである。それは簡単な意思の疎通に役立つ。ほとんどのクレオール言語は植民地時代に発生した。そのため、クレオール言語はひんぱんにヨーロッパの言語を基礎としている。クレオール言語のひとつの指標は、限られた語彙だ。クレオール言語は独自の音韻組織をもっている。文法は非常に簡素化されている。複雑な規則は話者によって単純に無視される。各クレオール言語は、国家的アイデンティティーの重要な構成要素だ。そのため、たくさんのクレオール言語の文学も存在する。言語学者にとってはクレオール言語は特に興味深いものだ。というのは、クレオール言語は、どのように言語が発生し再び消滅するかを示すからだ。クレオール言語では言語の発展を追うことができる。さらに、言語が変化し適合できることを証明している。クレオール言語を研究する規律はクレオール言語学だ。クレオール言語でのもっとも有名な文のひとつはジャマイカ発である。ボブ・マーリーがそれを世界に広めた-知っていますか?それはNo woman, no cry! (= No, woman, don't cry!)

あなたの語学知識をフリータイム、海外旅行、仕事のために広げましょう!

フィンランド語は約500万人の母国語です。 フィン・ウゴル語に属します。 エストニア語と近く、ハンガリー語とはとても遠い親戚です。 ウラル語として、インドゲルマン言語とは大きく区別されます。 たとえば、付着的な言語構成です。 つまり、文法機能は付加的な音節によって表現されるのです。 それによって、フィンランド語では典型的な長い単語が生まれます。 フィンランド語のさらなる特徴は、母音の多さです。

フィンランド語の文法は15の異なる場合によって区別されます。 語勢は重要です。長い直音と短い直音は明確に区別されます。 書き言葉と話し言葉には明らかな違いがあります。 他のヨーロッパの言語ではこの現象はあまり強くありません。 フィンランド語ではすべてが簡単ではないのです。 全体の規則はしかし一貫して守られます。 そしてフィンランド語のいいところは、とても論理的であるということです!

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  11-20  | Free Android app | Free iPhone app

 

Downloads are FREE for private use, public schools and for non-commercial purposes only!
LICENCE AGREEMENT. Please report any mistakes or incorrect translations here.
© Copyright 2007 - 2015 Goethe Verlag Starnberg and licensors. All rights reserved.
Contact
book2 日本語 - イタリア語 初心者用