オンラインで 言語 を学ぶ
previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  51-60  | Free Android app | Free iPhone app

Home  >   50カ国語   >   日本語   >   ヒンディー語   >   目次


56 [五十六]

感情

 


५६ [छप्पन]

भावनाएँ

 

 

 テキストをクリックしてください! arrow
  
やる気がある
私達はやる気があります。
私達はやる気がありません。
 
 
 
 
不安である
不安です。
怖くありません。
 
 
 
 
時間がある
彼は時間があります。
彼は時間がありません。
 
 
 
 
退屈する
彼女は退屈しています。
彼女は退屈していません。
 
 
 
 
おなかがすく
おなかがすいていますか?
おなかはすいてないのですか?
 
 
 
 
のどが渇く
彼らはのどが渇いていますね。
彼らはのどが渇いていません。
 
 
 
 
 

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  51-60  | Free Android app | Free iPhone app

秘密の言語

言語を介して我々は他の人に、自分が考え、感じることを伝えたい。意思の疎通はそのため、言語の最も重要な課題だ。しかし人間はときには他の皆からは理解されないことがある。すると彼らは秘密の言語をつくりだす。秘密の言語は何千年も人々をひきつけてきた。たとえば、ジュリアス・シーザーは独自の秘密の言語をもっていた。彼は暗号化されたメッセージを彼の帝国の全土に送った。彼の敵はそのコード化されたメッセージを読むことができなかった。秘密の言語は守られたコミュニケーションである。秘密の言語を通じて、我々は自身と他人を区別する。限定されたグループに属していることを示すのである。なぜ我々が秘密の言語を使うのかには、様々な理由がある。恋するものはいつの時代でも暗号化された手紙を書いてきた。また、特定の労働グループは常に独自の言語を持っていた。そのため、魔術師、泥棒、商人のための言語が存在する。しかしほとんどの場合、秘密の言語は政治的目的に利用された。ほとんどどの戦争においても、秘密の言語が開発された。軍隊と秘密情報機関には、秘密言語のための独自のエキスパートがいた。暗号に関する学問が、クリプトロジーだ。近代のコードは、複雑な数式にもとづいている。それらは解読が非常に難しい。暗号化されていない言語なしには、我々の生活は考えられない。今日ではあちこちで暗号化されたデータが存在する。クレジットカードとメール-すべてコードによって機能している。特に子どもたちは、秘密の言語を面白いと感じる。彼らは友達と秘密のメッセージをやりとりすることを好む。子どもの成長には、秘密の言語はそれどころか役立つ。創造性と言語に対するフィーリングが養われるからである。

あなたの語学知識をフリータイム、海外旅行、仕事のために広げましょう!

アルバニアはインドゲルマン言語族に属します。 しかしこのグループに属するその他の少数派言語と近い関係にあります。 アルバニア語がどのように発生したかについては、まだ明確にわかっていません。 今日では主にアルバニアとコソボで話されています。 母国語として話す人口は約600万人です。 アルバニア語は大きく分けて、2つの方言グループに分かれます。 シュクンビン川が南北の方言の境界線となっています。 いくつかの点で、この2つは明らかに異なります。

書き言葉のアルバニア語は20世紀に入ってから確定しました。 ラテン語のアルファベットが使用されます。 文法は部分的にギリシャ語とルーマニア語に似ています。 また、同時に南スラブ言語にも行き着きます。 これらすべての類似点は、コンタクトの状況によって発生したと思われます。 言語に興味がある人は、何が何でもアルバニア語を学ぶべきです! それはつまり、独特な言語だからです!

previous page  up 目次  next page  | Free download MP3:  ALL  51-60  | Free Android app | Free iPhone app

 

Downloads are FREE for private use, public schools and for non-commercial purposes only!
LICENCE AGREEMENT. Please report any mistakes or incorrect translations here.
© Copyright 2007 - 2016 Goethe Verlag Starnberg and licensors. All rights reserved.
Contact
book2 日本語 - ヒンディー語 初心者用